中小企業診断士

中小企業診断士:資格概要と合格率・難易度

投稿日:2016-12-30 更新日:

管理人の中小企業診断士の受験経験(2回目の受験で合格)を踏まえた、中小企業診断士試験の実態を綴りますので、資格取得を検討している方は参考にしてください。

中小企業診断士とは

経営コンサルティングに関する唯一の国家資格です。弁護士や税理士の様に独占業務はありませんが、試験資格後にコンサルタントとして独立する方も多い資格です。

企業経営に関する試験のため、社会人経験がないと合格が難しいこともあり、受験者の大半はサラリーマンになります。

そして、大企業に勤めるサラリーマンの多くは自己研鑽やスキルアップ目的のため、独立する人は稀です(大企業を辞めてまで独立するリスクを取らない)

一方で、中小企業に勤めるサラリーマンは経営コンサルタントとして独立する傾向が強くなります。

試験概要

中小企業診断士試験に合格するには、

  • 1次試験(択一の筆記試験)
  • 2次試験(論述形式の筆記試験、口述試験)

を突破する必要があります。

さらに、中小企業診断士として登録するには、2次試験合格後に15日間の実務補習を受講する必要があります。

1次試験は、

  1. 経済学・経済政策
  2. 財務・会計
  3. 企業経営理論
  4. 運営管理
  5. 経営法務
  6. 経営情報システム
  7. 中小企業経営・中小企業政策

の合計7科目を択一の筆記試験で行います。

2次試験は、筆記試験と口述試験で、中小企業診断士に必要な応用能力を判定します。筆記試験は、

  • 組織・人事の事例(事例Ⅰ)
  • マーケティング・流通の事例(事例Ⅱ)
  • 生産・技術の事例(事例Ⅲ)
  • 財務・会計の事例(事例Ⅳ)

の4種類の実務事例を論述形式で行います。

そして、筆記試験合格者を対象に口述試験が実施されます。

筆記試験の合格率は20%の一方で、口述試験の合格率は99%以上ですので、2次試験は筆記試験が最大の山場になります。

試験の難易度

中小企業診断士の合格率は、1次試験は・2次試験共に20%前後で、トータルでの合格率は4%と、難易度の高い試験であります。

同じ20%の合格率でも、1次試験は学習時間に比例して合格の可能性が高まるため、対策は比較的容易です。

一方で、問題分析力や助言能力を論述形式で試す2次試験は模範解答が公表されないという、何が正解か分からない不確実性もあり、対策が難しくなります

つまり、合格できるか否かは2次試験にかかっており、実際に2次試験を突破できず、受験回数が5回以上のベテラン受験生も多数存在しています

よく、資格学校のパンフレット等では

  • 「資格取得までの勉強時間は1,000~1,300時間」
  • 「勉強期間は1~2年」

とか謳われていますが、これは上手く合格できた場合のケースになります。

受験を検討されている方、とりわけ家族がいる方は、家族との時間をかなり犠牲にすることになりますので、その点も考慮した上で、受験の決断をしてください

レクタングル大

レクタングル大

-中小企業診断士

執筆者:

関連記事

中小企業診断士・2次試験対策:独学か受験校に通うべきか

2次試験を独学で臨むべきか受験校に通学すべきかですが、結論を申しますと、1度は受験校に通ってみることをおススメします。 2次試験は、与件文の読解、出題者の意図の把握、解答を構築する思考力、文章の構成力 …

中小企業診断士・2次試験対策:全事例共通の対策

ここでは、2次試験の全事例共通の対策を記載します。参考になる対策があれば、受験対策に取り入れてください。 80分間の使い方 2次試験を難しくしている要素の一つに、80分間という時間的な制約があるという …

中小企業診断士・2次試験対策:事例Ⅳ対策とおススメ書籍

事例Ⅳは、事例Ⅰ~Ⅲとは異なる対策が必要になりますので、個別に対策を記載しておきます。 「意思決定会計講義ノート」は必須 元試験委員の大塚宗春氏の著書である「意思決定会計講義ノート」は絶対に購入して、 …

中小企業診断士・1次試験対策:独学か予備校に通うべきか

これまで、1次試験突破に向けた勉強法についてお伝えしました。 ここでは、1次試験を独学で学習すべきか、受験校で学習すべきかに関して、検討してみたいと思います。 ちなにに、私の場合は受験を決意してから本 …

中小企業診断士・2次試験対策:予備校講師になって気づいたこと

ここでは、2次試験対策に関して、私が受験生時代に信じていた2次試験対策の原則と、受験校講師になってから気づいた2次試験突破に向けた大原則を解説します。 ただし、大原則と言っても、あくまでも受験校講師と …