英文ファイナンス用語集

英文ファイナンス用語【S】

投稿日:2017-07-03 更新日:

▼目次

  1. Significant probability
  2. Skewness
  3. Sunk Cost

Significant probability

Significant probability(有意確率)とは、母集団の仮説を標本から推定する『仮説検定』において誤差が生じる確率、p値のこと。例えば、p値を0.05とすると、帰無仮説を正しいとした場合に極端な値(誤差)が発生する確率が5%であることを示している。

検定において、p値をどこまで許容するか予め設定しておく水準をLevel of significance(有意水準)と呼ぶ。
①帰無仮説、及び②有意水準を設定した後、実際の検定を行う手順となる。

【関連語】Null hypothesis

Skewness

Skewness(歪度)とは、分布の非対称性を示す指標。

正の符号の場合は、positively skew(正の歪み)があるといい、左に偏った分布となる。逆に、負の符号の場合は、negatively skew(負の歪み)があるといい、右に偏った分布となる。

尚、歪度が0の場合は左右対称の分布となる。

mode(最頻値)、median(中央値)、mean(平均)との関連は、以下図表の通り。

 

Sunk Cost

Sunk Cost(埋没費用)とは、今までに費やした経済的価値のうち、その選択肢を諦めた場合にも戻ってこないもののこと。
例えば、商品化されなかったR&D(研究開発)費用など。

Sunk Costは、Opportunity Cost(機会費用)と異なり、将来の意思決定に影響を与えない。

【類語語】Opportunity Cost

▲目次にもどる

レクタングル大

レクタングル大

-英文ファイナンス用語集

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Finance用語‗C

英文ファイナンス用語【C】

▼目次 Callable bond CAPM Cashflow Statement Convenience Yield Covered call Callable bond Callable bond …

Finance用語‗O

英文ファイナンス用語【O】

▼目次 Opportunity Cost Opportunity Cost Opportunity Cost(機会費用)とは、ある選択肢をとった時に犠牲になる経済的資源(資金や時間等)を他の選択肢に当 …

Finance用語‗I

英文ファイナンス用語【I】

▼目次 IRR(Internal Rate of Return) IRR(Internal Rate of Return) IRRとは、Internal Rate of Returnの略で、内部収益率 …

英文ファイナンス用語【H】

▼目次 Hurdle rate fee Hypothesis testing Hurdle rate fee Hurdle rate feeとは、ヘッジファンドに支払うincentive fee(成果 …

Finance用語‗T

英文ファイナンス用語【T】

▼目次 TypeⅠ error Types of orders TypeⅠ error TypeⅠ error(第一種過誤)とは、仮説検定において正しい帰無仮説にも関わらず、誤って棄却(否定)してしま …